二輪車安全運転大会

11月18日(日) 南アルプス市総合交通センター試験コースで 二輪車安全運転推進委員会が主催する平成30年度山梨県二輪車安全運転大会が開催された。これは、例年6月頃に山梨県大会として開催され、8月に全国大会が行われていたものなのだけど、今年は全国大会が中止となり、時期がずれ込んでしまった。
 大会は
  Aクラス 125cc以下
  Bクラス 126cc~400cc
      Cクラス 401cc以上
に分かれ
  法規 道路交通法に則った運転状況
  技能 ブレーキング
     一本橋
     応用千鳥
     ブロックスネーク
     コンビネーションスラローム
を行い、各クラス1位の者に、山梨県警察本部長、二推の連名表彰、県議会議長賞、知事賞が贈られた。
 二輪車の事故は、発生すると重大な傷害を負う場合が多いことから、基本に忠実な安全運転が重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です